平成27年9月2日 角田山浦浜コース

 秋になると、細かい白花を咲かせる植物が一斉に目立つようになります。このコースでは特に、細かい白花の王様ともいうべきシシウドが大きく迫ってきて、それとともにオトコエシ、ノダケ、ヤマセリの花が咲き誇ります。そして、ヤブランも目立ってきていて、その中でつい見落としてしまいがちですが、小形なヒメヤブランを見つけることがあります。

f:id:shuasai1207:20171211111526j:plain

 ヤブランはヒメヤブランに比べて葉や、葉の丈も大きく、花は穂状にたくさん咲かせます。ヒメヤブランは花も色は同じですが、花は数個しか咲かせず、かわいらしいです。シシウドとノダケは同じ三出羽状複葉ですが、ノダケは花の色が暗紫色で、オトコエシの葉は葉柄が翼状になっています。見られた花は以下の如くです。

   イヌヨモギ             タムラソウ

   ノコンギク             ヤマニガナ

   シラヤマギク            テンニンソウ

   オトコエシ             ゴマナ

   シシウド              ノダケ

   アキノノゲシ            オヤマボクチ

   ヤマセリ              ナガバキタアザミ

   アオツツラフジ           ヤブラン

   ガンクビソウ            ヒメヤブラン

 

 平成27年9月10日 角田山湯の腰コース

 このコースの秋は、秋に咲く花が群生して迎えてくれます。さっそく登山口から、ツリフネソウキンミズヒキ、ミズヒキ、ハナダテ、ミゾソバの群生です。中腹から所々に、オオカニコウモリ、モミジハグマ、ホツツジなどが目を引き、火の当たる頂上付近では低木につる性のネナシカズラ、オニドコロ、ヤマノイモが絡んでいました。

f:id:shuasai1207:20171209114308j:plain

 この時期に咲くオオカニコウモリとモミジハグマは花が白く似ていますが、よく見るとカニコウモリの総苞は白いですが、ハグマは茶色がかった緑です。ハグマの花の先がねじれていますが、コウモリのように反り返っていません。そして、カニコウモリの葉はカニの甲羅のようですが、オオカニコウモリの葉ははっきりした五角形です。以下は、観察した花です。

   ナンブアザミ            ジャコウソウ

   ヌスビトハギ            アレチウリ

   ダイコンソウ            ノアズキ

   ネナシカズラ            ハナダテ

   テンニンソウ            ツリフネソウ

   シラヤマギク            キンミズヒキ

   カントウヨメナ           ミゾソバ

   モミジハグマ            ママコノシリヌグイ

   ミズヒキ              オオヨモギ 

   ヤブタバコ             オニドコロ

   ヒヨドリバナ            ヤマノイモ 

   オオカニコウモリ          アカソ

   ホツツジ              クサコアカソ

   サラシナショウマ